Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC

プライバシーマーク(Pマーク)を運用する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、本来非公表とするべき一部審査員の個人情報を誤ってインターネット上で公開したことを明らかにした。

同協会によれば、「プライバシーマーク審査員登録者一覧」を1月27日にウェブサイト上で公開したが、公表を希望しない審査員登録者175人分の氏名が含まれていたという。

同協会では同月30日にリストを更新し、問題の個人情報をウェブサイト上から削除。しかし検索エンジンのキャッシュにデータが登録されており、2月3日に関連する審査員登録者から「自分の名前が表示される」との指摘を受けたという。

同協会では、検索エンジンにキャッシュの削除を依頼。4日に削除が完了したとの通知を受けた。対象となる審査員登録者に対しては、2月5日に書面を通じて事態の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大