Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC

プライバシーマーク(Pマーク)を運用する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、本来非公表とするべき一部審査員の個人情報を誤ってインターネット上で公開したことを明らかにした。

同協会によれば、「プライバシーマーク審査員登録者一覧」を1月27日にウェブサイト上で公開したが、公表を希望しない審査員登録者175人分の氏名が含まれていたという。

同協会では同月30日にリストを更新し、問題の個人情報をウェブサイト上から削除。しかし検索エンジンのキャッシュにデータが登録されており、2月3日に関連する審査員登録者から「自分の名前が表示される」との指摘を受けたという。

同協会では、検索エンジンにキャッシュの削除を依頼。4日に削除が完了したとの通知を受けた。対象となる審査員登録者に対しては、2月5日に書面を通じて事態の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保