Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC

プライバシーマーク(Pマーク)を運用する日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、本来非公表とするべき一部審査員の個人情報を誤ってインターネット上で公開したことを明らかにした。

同協会によれば、「プライバシーマーク審査員登録者一覧」を1月27日にウェブサイト上で公開したが、公表を希望しない審査員登録者175人分の氏名が含まれていたという。

同協会では同月30日にリストを更新し、問題の個人情報をウェブサイト上から削除。しかし検索エンジンのキャッシュにデータが登録されており、2月3日に関連する審査員登録者から「自分の名前が表示される」との指摘を受けたという。

同協会では、検索エンジンにキャッシュの削除を依頼。4日に削除が完了したとの通知を受けた。対象となる審査員登録者に対しては、2月5日に書面を通じて事態の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
アンケート調査回答の集計前データを誤って外部提供 - 公取委
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ