Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県

佐賀県は、受託事業者とやりとりする業務連絡メールを、約5カ月にわたり無関係のメールアドレスにも同報送信していたことを明らかにした。

同県によれば、8月14日から1月30日にかけて同県より事業を受託する事業者と同県くらしの安全安心課の間でやりとりした39件のメールで、誤ったメールアドレスが「CC」に設定されていたもの。

やりとりしたメールには、講師の行程や宿泊先、事業者の従業員氏名、受託事業者の個人メールアドレスなど、4件の個人情報が含まれていた。

2019年8月14日、同県より事業を受託する事業者の役員から同県職員へ送られたメールの「CC」に無関係のメールアドレスが含まれていたという。

同社従業員が利用するフリーメールのメールアドレスを誤って記載したのが原因で、職員も誤ったメールアドレス含む全員へメールを返信。以降も打ち合わせに同じ宛先を繰り返し利用していた。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
ウェビナー案内でメール送信ミス - ヘルスケアシステム開発会社
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大