Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県

1月30日、別の職員がはじめてメールを送信したことから、電話で受信状況を確認したところ問題が判明したという。

また同県において同様の事例がないか確認したところ、同県こども未来課が送信したメールにおいても、「CC」に設定されていたフリーメールのメールが誤っていたことが判明した。

イベントの参加者名簿を添付しており、参加者37人の氏名、年齢、性別、学校名が記載されていた。

同県では個人情報を誤送信された対象者に対し、説明と謝罪を行っている。また誤送信先に対し、謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼するメールを送信した。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室