Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム

ラトックシステムは、指紋情報の一元管理も行える指紋認証ソフト「OmniPass Enterprise Edition V4」を2月下旬より提供開始する。

同製品は、組織内のネットワークに接続したWindows端末で、ログオンやウェブサイトへのログイン、暗号化ファイルの作成、復元などを指紋で行える認証ソリューション。

指紋認証情報の一括管理に対応した「Windows Server」向けのプログラムとクライアント向けのプログラムを提供。指紋の照合のほか、ユーザー権限の設定やイベントログによるアクセスの監視が行える。

クライアント向けは、5ライセンスから100ライセンスまで5種類から選択できる。価格はサーバパックが23万円。クライアントが5ライセンスで5万円。いずれも税別。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム