Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技

NTTデータ先端技術は、サーバの監視からインシデント対応までワンストップで対応する「Deep Security 監視サービス」を提供開始した。

同サービスは、オンプレミス、クラウドのいずれも対応するセキュリティ監視サービス。システムのログの収集には、トレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security」を活用している。

初期構築のほか、バージョンアップやチューニング作業についても随時実施し、同社独自の脅威情報を活用した分析エンジンによって相関的に分析を行う。

インシデント発生時には、電話やメールで連絡。攻撃の特定、アクセス制御、マルウェアの検知、分析、シグネチャの改善までワンストップで対応する。

(Security NEXT - 2020/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から