Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意

東京弁護士会は、同弁護士会の会員など実在する法律事務所や弁護士を装った「なりすましメール」が出回っているとして、注意を呼びかけている。

問題のメールは、同弁護士会や事務局の職員、会員などを偽装。「請求書の件です」「請求書送付のお願い」「予定表共有のお知らせ」「テキスト形式でのメール利用のお知らせ」など業務に関連ある件名が確認されている。

これらのメールは、ドメイン名が同弁護士会のドメインである「toben.or.jp」以外の不正なドメインから送られていた。

同弁護士会では、マルウェアへ感染するおそれがあるとして、なりすましメールを受信した場合はメール本文内のURLや添付ファイルを開封せず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
不正アクセス受け「なりすましメール」 - あいちトリエンナーレ
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性58件に対処
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
偽ディズニーメールに注意 - 「パークチケット必ずもらえる」と誘導
メールやSNSでの「偽求人活動」に注意喚起 - 西武HD
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強