Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク

「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に深刻な脆弱性「CVE-2019-19781」が見つかった問題で、脆弱性を探索していると見られる動きが観測されている。同製品を採用するクラウドサービスなどにも影響が広がっている。

「CVE-2019-19781」は、リモートより認証なしに任意のコードが実行可能となる脆弱性。脆弱性を発見、報告したPositive Technologiesは、脆弱性を悪用されるとインターネット経由で1分以内に内部ネットワークへ侵入できるとして危険性を指摘している。

SANS Instituteの研究者であるJohannes Ullrich氏によると、1月7日の時点で同脆弱性のエクスプロイトの公開は確認されておらず、実効性があるエクスプロイトが利用された形跡についても確認していないが、脆弱なシステムを探索していると見られる動きをハニーポットで観測しているという。

現時点で確認されている探索行為は、エラーが出たり、一部が正しく機能しておらず、洗練されたものとは言えないが、「Citrix ADC」の稼働状況を確認したり、脆弱なURLへアクセスする機能を備えていた。発信元として欧州や中国など4件のIPアドレスを確認したとしている。

(Security NEXT - 2020/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中