Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク

同氏は、外部から提供された信頼できる情報なども踏まえると、すでに攻撃者がエクスプロイトを作成する能力を得ている可能性が高いとして警鐘を鳴らしている。

Citrixでは脆弱性の判明を受け、2019年12月にセキュリティアドバイザリを公開。アップデートの準備を進めていることを明らかにしているが、1月9日の時点で公開には至っていない。

Citrixでは、緩和策の実施を強く推奨しており、利用者は早急に対応を講じる必要がある。こうした状況を受け、1月9日にCERT/CCが注意喚起を行ったほか、これを受けて国内でもJVNで注意が呼びかけられている。

また同製品を採用するクラウドサービスなどへも影響が広がっている。NTTコミュニケーションズでは、「Enterprise Cloud 2.0」で提供しているロードバランサーメニュー「NetScaler VPX」が脆弱性の影響を受けるとアナウンス。注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を