Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト内にマルウェア、原因を調査 - サイオス

サイオスは、同社および子会社であるサイオステクノロジーのウェブサーバ内に、意図しない不正なファイルが設置されたことを明らかにした。原因を調べている。

同社によれば、2019年12月23日21時ごろより、同社と子会社のサイオステクノロジーのサイトに不具合が発生したとして、一時的に閉鎖していたもの。

両サイトで利用している委託先サーバ内において、サイオステクノロジーと特定の顧客で大容量のデータを受け渡しする際に利用しているアップロードページのディレクトリ配下に、マルウェアが設置されたという。同社の社内調査で確認した。

復旧作業を完了したとして、2020年1月6日17時に両サイトを再開。問題のファイルは、不正アクセスによりサーバに設置されたものと見られるとして、外部事業者が原因について調査を進めており、調査結果が判明次第、アナウンスする方針。サイトの利用者から被害の報告などは寄せられていないとしている。

(Security NEXT - 2020/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
衣料品通販サイトでクレカ情報流出 - 窃取プログラムが設置
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も