Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収

Accentureは、BroadcomからSymantecのサイバーセキュリティサービス事業を買収することで同意したと発表した。

Broadcomは、2019年8月にSymantecのエンタープライズ向けセキュリティ事業を現金107億ドルで買収すると発表。同年11月に手続きが完了し、エンドポイントやDLP、クラウドセキュリティなどの製品を含む事業を取得したばかり。

今回Accentureでは、BroadcomよりSymantecのサイバーセキュリティサービス事業を取得することで同意したもので、手続きは3月に完了する予定。買収額など条件は明らかにされていない。

同事業には、米国やイギリスをはじめ、インド、オーストラリア、シンガポール、日本の6カ国で展開するセキュリティオペレーションセンター(SOC)などを含み、同事業に携わる人員をあわせて受け入れることで、マネージドセキュリティサービスの強化を図りたい考え。

Accentureでは、これまでもDeja vu Security、iDefense、Maglan、Redcore、Arismore、FusionXなどセキュリティ関連企業の買収を推し進めており、セキュリティ関連ソリューションの提供に注力を図っている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業