Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前澤氏10億円お年玉企画で「偽当選通知」

ZOZOTOWN創業者の前澤友作氏が開催し、話題を呼んでいる「お年玉企画」において、同氏をかたった偽の当選通知が送られているとの情報が寄せられたとして、同氏はTwitter上で注意喚起を行った。

同企画は、同氏が100万円を1000人にプレゼントするというもので、同氏のTwitterアカウントをフォローして対象のツイートをリツイートすることで応募できる。応募はすでに締め切られており、抽選作業が行われているという。

同氏はTwitter上で、偽の当選通知がダイレクトメッセージ(DM)で送られているとして注意を喚起。通知を送る際にはあらかじめその旨をツイートするほか、応募者全員が抽選結果を確認できる専用のウェブサイトを用意すると説明している。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用