Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に

Pulse Secure製品のVPN機能に脆弱性が見つかった問題で、ランサムウェアの感染活動に同脆弱性が悪用されていることがわかった。

「Sodin」や「REvil」といった別名でも知られるランサムウェア「Sodinokibi」が、感染の拡大に「Pulse Connect Secure(PCS)」に明らかとなった既知の脆弱性を悪用していることが判明したもの。セキュリティ研究者であるKevin Beaumont氏が報告した。

同製品においては、「SSL VPN」機能において複数の脆弱性が判明し、同社は脆弱性を修正するアップデートを2019年4月に定例外でリリース。8月には脆弱性の詳細やエクスプロイトコードが公開され、その後APT攻撃をはじめ、脆弱性の悪用が判明しており、セキュリティ機関から注意喚起が行われている。

複数判明した脆弱性のなかでも、「CVE-2019-11510」に関しては、デバイス上の任意のファイルにアクセスすることが可能。ユーザー名やパスワードを取得されるおそれがあり、大きな影響を及ぼすおそれがある。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース