Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大

早稲田大学教育・総合科学学術院は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、個人情報など含む送受信したメールの内容が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、2019年11月4日に同アカウントにおいて大量の未達メールを確認、調査したところ、第三者が同アカウントのIDとパスワードを使用して不正アクセスを行っていたことが判明したという。

通信記録を調査したところ、2019年9月28日より不正アクセスを受けており、同日から11月4日にかけて同アカウントで送受信したメールの内容が外部へ流出した可能性がある。

また同職員が利用していたパソコンのマルウェア感染は確認されておらず、端末内のファイルやデータが流出した可能性については否定している。

(Security NEXT - 2020/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
雑貨通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面でクレカ情報の窃取被害
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令