Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員メルアカに不正アクセス、情報流出の可能性 - 早稲田大

早稲田大学教育・総合科学学術院は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、個人情報など含む送受信したメールの内容が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、2019年11月4日に同アカウントにおいて大量の未達メールを確認、調査したところ、第三者が同アカウントのIDとパスワードを使用して不正アクセスを行っていたことが判明したという。

通信記録を調査したところ、2019年9月28日より不正アクセスを受けており、同日から11月4日にかけて同アカウントで送受信したメールの内容が外部へ流出した可能性がある。

また同職員が利用していたパソコンのマルウェア感染は確認されておらず、端末内のファイルやデータが流出した可能性については否定している。

(Security NEXT - 2020/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
サプリ通販サイトに不正アクセス - ログイン情報やクレカ情報が流出
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
不正アクセスで食堂車予約客などの個人情報が流出した可能性 - 明知鉄道
デザイン婚姻届の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出