Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS

NTTラーニングシステムズは、同社メールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、同社のドメインのメールアカウント1件が不正アクセスを受けたもの。2019年12月10日に大量の迷惑メールが送信されたとの連絡が委託先より寄せられ、問題が発覚した。

メールアカウントが不正アクセスを受けたことで、迷惑メールの送信に悪用されたことにくわえ、メールボックス内に保存されていたデータが流出したおそれがある。具体的な影響の範囲はわかっていない。

不正アクセスを受けた原因についても不明だが、同アカウントでは、脆弱なパスワードを利用しており、類推された可能性があるという。

今回の問題を受けて、同社では問題のアカウントで利用していたドメインを含むすべてのメールアカウントやウェブサイトを停止。セキュリティ対策について見直し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2020/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
市管理サーバが迷惑メールを不正中継 - 笠間市
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃