Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS

NTTラーニングシステムズは、同社メールアカウントが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

同社によれば、同社のドメインのメールアカウント1件が不正アクセスを受けたもの。2019年12月10日に大量の迷惑メールが送信されたとの連絡が委託先より寄せられ、問題が発覚した。

メールアカウントが不正アクセスを受けたことで、迷惑メールの送信に悪用されたことにくわえ、メールボックス内に保存されていたデータが流出したおそれがある。具体的な影響の範囲はわかっていない。

不正アクセスを受けた原因についても不明だが、同アカウントでは、脆弱なパスワードを利用しており、類推された可能性があるという。

今回の問題を受けて、同社では問題のアカウントで利用していたドメインを含むすべてのメールアカウントやウェブサイトを停止。セキュリティ対策について見直し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2020/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 遺伝子解析ベンチャー
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡