Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大

総合研究大学院大学は、研究関係者の個人情報を含む学生のパソコンが海外で車上荒らしに遭い、盗まれたことを公表した。

同大によれば、現地時間11月24日に学生が研究会で訪れた米ハワイ州において、車中に置いていた鞄からパソコンを持ち去られたという。被害に遭った端末には、研究関係者の氏名や電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同端末にはパスワードが設定されていたものの、脆弱な内容で、内蔵されたハードディスクについても暗号化が行われていなかったという。

現地の警察に届け出たが、発見されていない。同大では、パソコンに個人情報が含まれる関係者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
顧客情報含む業務用PCを紛失 - フジテックス
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
業務用PCとスマホを電車内に置き忘れて紛失 - 朝日工業社
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
商業施設テナントの従業員情報含むPC、2013年以降に紛失 - 南海電鉄