Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大

総合研究大学院大学は、研究関係者の個人情報を含む学生のパソコンが海外で車上荒らしに遭い、盗まれたことを公表した。

同大によれば、現地時間11月24日に学生が研究会で訪れた米ハワイ州において、車中に置いていた鞄からパソコンを持ち去られたという。被害に遭った端末には、研究関係者の氏名や電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同端末にはパスワードが設定されていたものの、脆弱な内容で、内蔵されたハードディスクについても暗号化が行われていなかったという。

現地の警察に届け出たが、発見されていない。同大では、パソコンに個人情報が含まれる関係者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町