Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大

総合研究大学院大学は、研究関係者の個人情報を含む学生のパソコンが海外で車上荒らしに遭い、盗まれたことを公表した。

同大によれば、現地時間11月24日に学生が研究会で訪れた米ハワイ州において、車中に置いていた鞄からパソコンを持ち去られたという。被害に遭った端末には、研究関係者の氏名や電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同端末にはパスワードが設定されていたものの、脆弱な内容で、内蔵されたハードディスクについても暗号化が行われていなかったという。

現地の警察に届け出たが、発見されていない。同大では、パソコンに個人情報が含まれる関係者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
約596万人分の個人情報持出、NTTドコモらに行政指導 - 個情委
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
容疑者PCに日大アカウント91件 - 入手の経緯は不明
中小企業補助金の採択者情報、元関係者が不正持出か - 支援実績と営業に利用
幼稚園教諭がサポート詐欺被害 - ファイルが消失、漏洩した可能性
入居申込者情報を撮影したカメラを紛失 - 鳥取県住宅供給公社