Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【訂正あり】「SharePoint」に任意のファイル取得される脆弱性 - 月例パッチで修正済み

マイクロソフトは、12月の月例パッチで「SharePoint Server」の脆弱性「CVE-2019-1491」を修正していたことを明らかにした。

サーバ上にある任意のファイルを取得されるおそれがある情報漏洩の脆弱性へ対処したもの。細工したリクエストを送信することで脆弱性の悪用が可能だという。

脆弱性の悪用や公開は確認されておらず、深刻度は4段階中2番目にあたる「重要」とレーティングしている。

脆弱性に関する情報を公開し、対処したことを米時間12月17日に明らかにしたもので、アップデートそのものは、同社が米時間12月10日に公開した12月の月例セキュリティ更新に含まれているという。

お詫びと訂正:当初記事で「定例外パッチ」と紹介しましたが、アップデートそのものは12月の月例パッチで配信されており、情報があらたに公開されたものです。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消