Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会

東京防災救急協会は、業務用端末から個人情報が流出した可能性があるとして調査を進めている。

同協会によれば、立川都民防災教育センターの端末へ誤って遠隔操作用のソフトをインストールし、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

11月30日に職員がウェブサイトを閲覧していた際、「ウイルスに感染した」とする偽のメッセージが表示され、だまされて画面表示に従って操作。同端末を遠隔操作するためのソフトウェアをダウンロードしてしまったという。

同協会では、同ソフトを通じて遠隔操作が行われ、個人情報が流出していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
ECサイトがマルウェア感染、外部サイトへ誘導 - 韓国コスメ販売会社