Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会

東京防災救急協会は、業務用端末から個人情報が流出した可能性があるとして調査を進めている。

同協会によれば、立川都民防災教育センターの端末へ誤って遠隔操作用のソフトをインストールし、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

11月30日に職員がウェブサイトを閲覧していた際、「ウイルスに感染した」とする偽のメッセージが表示され、だまされて画面表示に従って操作。同端末を遠隔操作するためのソフトウェアをダウンロードしてしまったという。

同協会では、同ソフトを通じて遠隔操作が行われ、個人情報が流出していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
Emotet感染でメール約85万件が流出した可能性 - JP-AC
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
園芸情報サイトが改ざん - 不正コードにより外部サイトへ誘導
トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
委託先が「Emotet」感染、個人情報が流出の可能性 - 相模原市
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表