Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会

東京防災救急協会は、業務用端末から個人情報が流出した可能性があるとして調査を進めている。

同協会によれば、立川都民防災教育センターの端末へ誤って遠隔操作用のソフトをインストールし、個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

11月30日に職員がウェブサイトを閲覧していた際、「ウイルスに感染した」とする偽のメッセージが表示され、だまされて画面表示に従って操作。同端末を遠隔操作するためのソフトウェアをダウンロードしてしまったという。

同協会では、同ソフトを通じて遠隔操作が行われ、個人情報が流出していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2019/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ