Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PR TIMESで障害、プレスリリース9本配信できず

プレスリリースを配信するPR TIMESのウェブサイトにおいて、約10時間にわたりアクセスできない障害が発生した。同一IPアドレスからの大量のアクセスが行われたことが原因だという。

同社によれば、ウェブサイトへアクセスできなくなる障害が、12月9日18時5分から10日4時17分にかけて発生したもの。配信済みのプレスリリースを閲覧できない状態となり、障害発生時間帯に配信予定だったプレスリリース9本について配信できなかったという。

障害が発生する直前の12月9日17時から18時までの約1時間に、100万件近いアクセスが同一のIPアドレスから行われており、これらが原因で障害が発生した可能性が高いと説明。

データベースサーバへの高負荷でアクティブのサーバとスタンバイのサーバが複数回にわたり切り替わり、最終的にクラスタにおいてサーバをアクティブにできず、いずれもスタンバイ状態に陥ったという。

同社では、アクセス元のIPアドレスを遮断。今後はサーバのメモリを増強して負荷へ対応する。同社は障害が発生した9日にプレスリリースを配信したり、同日配信が行えなかった従量課金プランの利用企業に対して、対象となる料金を無料にする方針。対象となるプレスリリースは最大で203本程度だという。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン