Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス 2020」を2020年2月14日に都内で開催する。

同イベントは、制御システムにおけるセキュリティ対策技術の向上や、ベストプラクティスの確立を目的としたカンファレンスイベント。制御システムの製品開発者やユーザー企業、研究者、システムインテグレーターなどを対象としている。

経済産業省や情報処理推進機構(IPA)、同センターの関係者のほか、有識者や実務者が登壇。制御システムにおけるセキュリティ対策や政策、標準化の動向のほか、現場におけるセキュリティ対策の事例などを紹介する予定。

会場は浅草橋ヒューリックホール。参加費は無料だが、事前申し込みが必要。定員は350人で定員に達し次第締め切りとなる。イベントの詳細や申し込みなどは、イベント案内ページから。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会