Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も

「PHP」における「FastCGI」の実装「PHP-FPM」に脆弱性「CVE-2019-11043」が見つかった問題で、警察庁では攻撃ツールによるアクセスを10月25日以降観測しているという。

問題の脆弱性「CVE-2019-11043」は、「Nginx」と「PHP-FPM」を組み合わせた特定環境下でリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。10月24日に脆弱性を修正するアップデートがリリースされた。

GitHubで「実証コード(PoC)」が公開されており、同脆弱性の影響を受けやすいオープンソース「Nextcloud」の利用環境を狙い、ファイルを暗号化しようとするランサム攻撃「NextCry」なども観測されている。

警察庁によると、アップデートがリリースされた翌10月25日より脆弱なサーバを探索したり、バックドアの設置を狙うなど、脆弱性の攻撃ツールに関連するアクセスを確認しているという。

TCP 80番ポートを中心に、81番ポート、8090番ポート、8888番ポートなど、複数のポートが対象となっていた。

20191202_np_001.jpg
攻撃ツールによるアクセスの観測状況(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も