Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生

「PHP-FPM」においてコードの実行が可能となる脆弱性が見つかった問題で、システムへ侵入後にファイルを暗号化し、身代金を要求するランサムウェア「NextCry」が確認された。

問題の脆弱性「CVE-2019-11043」は、「Nginx」と「PHP-FPM」を組み合わせ、特定環境下で利用している場合にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。10月24日に同脆弱性を修正するアップデートがPHPの開発チームよりリリースされている。

同脆弱性に関しては、GitHubにおいて「実証コード(PoC)」が公開されており、国内の複数ベンダーにおいても悪用が可能であることが確認された。10月後半より脆弱性について調査するアクセスなども観測されている。

オンラインストレージのオープンソースソフトである「Nextcloud」では、過去のインストールドキュメントで問題の構成を推奨していたこともあり、脆弱性判明後に注意喚起を行っていたが、同ソフトの導入環境に対し、脆弱性を狙った攻撃が展開され、一部で被害が生じたという。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
知人からのメール装い感染狙うランサムウェア「Mailto」に注意
Android向け不正送金マルウェアが進化 - 海外へSMS送信
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇