Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト

パロアルトネットワークスは、同社独自のセキュリティマネジメントフレームワークを開発し、導入を支援する新サービスを12月より提供開始する。

「SMOイネーブルメントサービス」は、ビジネスの計画段階から経営視点におけるセキュリティ強化を支援するもの。

同社の技術的な知見とパートナーの法律事務所による法規制の知見を盛り込み、独自開発したマネジメントフレームワーク「SMO(Security Management Office)」について、経営と実務の両面から導入をサポートする。

「SMO」は、セキュリティ戦略やグランドデザイン、SMOに基づく組織や活動、運用サポートの基盤となるセキュリティインフラストラクチャの構築などで構成。

具体的には、経営層や情報管理担当役員に対する「SMO」のレクチャーや、セキュリティリスクのシミュレーション、全体戦略の策定、組織におけるSMOの設計導入運用支援などを提供していく。

(Security NEXT - 2019/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も