Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト

パロアルトネットワークスは、同社独自のセキュリティマネジメントフレームワークを開発し、導入を支援する新サービスを12月より提供開始する。

「SMOイネーブルメントサービス」は、ビジネスの計画段階から経営視点におけるセキュリティ強化を支援するもの。

同社の技術的な知見とパートナーの法律事務所による法規制の知見を盛り込み、独自開発したマネジメントフレームワーク「SMO(Security Management Office)」について、経営と実務の両面から導入をサポートする。

「SMO」は、セキュリティ戦略やグランドデザイン、SMOに基づく組織や活動、運用サポートの基盤となるセキュリティインフラストラクチャの構築などで構成。

具体的には、経営層や情報管理担当役員に対する「SMO」のレクチャーや、セキュリティリスクのシミュレーション、全体戦略の策定、組織におけるSMOの設計導入運用支援などを提供していく。

(Security NEXT - 2019/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性