Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自のセキュリティマネジメント枠組を導入支援 - パロアルト

パロアルトネットワークスは、同社独自のセキュリティマネジメントフレームワークを開発し、導入を支援する新サービスを12月より提供開始する。

「SMOイネーブルメントサービス」は、ビジネスの計画段階から経営視点におけるセキュリティ強化を支援するもの。

同社の技術的な知見とパートナーの法律事務所による法規制の知見を盛り込み、独自開発したマネジメントフレームワーク「SMO(Security Management Office)」について、経営と実務の両面から導入をサポートする。

「SMO」は、セキュリティ戦略やグランドデザイン、SMOに基づく組織や活動、運用サポートの基盤となるセキュリティインフラストラクチャの構築などで構成。

具体的には、経営層や情報管理担当役員に対する「SMO」のレクチャーや、セキュリティリスクのシミュレーション、全体戦略の策定、組織におけるSMOの設計導入運用支援などを提供していく。

(Security NEXT - 2019/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能