Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会

日本スポーツ協会は、委託先が不正アクセスを受け、同協会が提供した国民体育大会参加者や認定指導者のデータが不正に削除されたことを明らかにした。

同協会によれば、システム開発を委託していた電通の再委託先であるスポーツITソリューションにおいて、動作検証用に構築したサーバが作業中に不正アクセスを受けたもの。

今回の不正アクセスにより、データベースから国体参加者や公認スポーツ指導者など、テスト用に加工した最大のべ63万2402人分のデータが削除されたという。氏名、性別、生年月日、国体参加履歴、指導者登録番号などが含まれる。

開発環境のセキュリティ設定に不備があったという。同協会は、データの窃取や外部流出などは確認されていないと説明。原因調査や、警察、監督官庁への届けなど対応を進めている。

また今回不正アクセスを受けたのは、稼働中の国体参加申込システムや公認スポーツ指導者システムとは別のサーバであり、現行システムへの影響については否定している。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス