Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大

室蘭工業大学は、学生などの個人情報がインターネット経由で閲覧できる状態だったことを明らかにした。サーバの設定ミスが原因だという。

同大によれば、9月18日から10月11日にかけて、ウェブサーバ上で学生などの個人情報が外部から閲覧できる状態となっていたもの。10月11日に外部から指摘があり判明、対策を講じた。

2006年度から2013年度にかけて、同大建築社会基盤系学科および建築社会基盤系専攻に在籍した学生1187人の氏名、所属、成績が含まれる。また2013年度に設置した土木コースの外部評価委員会委員14人の氏名と所属などの個人情報も掲載されていた。

9月18日に行ったサーバの設定変更により生じたもので、同大では対象となる関係者に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト