Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究室用サーバに不正アクセス、不正ファイルが52件 - 東京女子大

東京女子大学の研究室用ウェブサーバにおいて、複数アカウントが不正アクセスを受け、不正なファイルがアップロードされていたことがわかった。

同大によれば、研究者5人のアカウントが不正アクセスを受け、2016年6月ごろより不正なファイルがアップロードされていたという。同サーバの更新準備作業を行っていた7月23日に不正アクセスへ気が付いた。

問題のサーバには、あわせて52件のファイルが不正にアップロードされており、特定条件下においてPHPのバージョンを表示するものや、メール送信を行うプログラムが含まれていたという。

同大では対象となるアカウントのパスワードを変更。公開中のファイルに対するアクセスを遮断し、サーバ上でプログラムが実行できないよう対策を講じた。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
スマホゲーム「イケメン戦国」でデータ破損 - 一時全データが確認不能に
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業
スマホゲーム「イケメン戦国」で障害 - 不正アクセス原因か
園芸情報サイトが改ざん - 不正コードにより外部サイトへ誘導
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性