Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、重要インフラ事業者のセキュリティ対策に活用できる「ES-C2M2」の解説資料やチェックシートを公開した。

「ES-C2M2(Energy Sector Cybersecurity Capability Maturity Model)」は、米国エネルギー省(DoE)が発行した電力業界で活用されているセキュリティマネジメント成熟度の評価モデル。

もともと電力事業者向けに公開されたものだが、同機構は他業界を含む重要インフラ事業者で活用できる内容であると説明。国内重要インフラにおいて同モデルの活用を促進するため、解説資料やチェックシートを用意した。

同モデルを活用することで、セキュリティ対策や手法の評価や、対策の目標、改善に向けた優先順位の設定が行える。

また「ES-C2M2」にくわえて、「NERC CIP(North American Electric Reliability Corporation Critical Infrastructure Protection Standard)」「NIST IR7628 Guidelines for Smart Grid Cybersecurity」についても調査を実施し、あわせて概要を公開している。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本