Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ業務の倫理行動宣言企業を公表 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、サイバーセキュリティを事業として行う企業が守るべき「サイバーセキュリティ業務における倫理行動宣言」に賛同する企業の一覧を公表した。

同宣言は、サイバーセキュリティ事業に携わる企業が守るべき行動規範と事業遂行の基本指針を取りまとめたもの。

これらに則った事業運営を行うことで、専門性と倫理観を兼ね備えた事業運営が可能となり、技術や法律、倫理面におけるセキュリティ事業者固有のリスクを低減しつつ、社会的な信頼の確保につながるとしている。

宣言にあたっては、基本指針に従ってリスク管理体制を整備。自社サイトなどで自己宣言してバナーを掲載する。

また同協会では、自己宣言を行った事業者をサイト上で公表。10月16日時点で19社が自己宣言を行っており、今後も賛同企業の募集を推進していくという。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
3月前半の都内企業のテレワーク導入率は約6割 - 今後導入予定3%未満
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
「サイバー防衛シンポ熱海2020」が開催 - チケット販売まもなく終了
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも