Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ業務の倫理行動宣言企業を公表 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、サイバーセキュリティを事業として行う企業が守るべき「サイバーセキュリティ業務における倫理行動宣言」に賛同する企業の一覧を公表した。

同宣言は、サイバーセキュリティ事業に携わる企業が守るべき行動規範と事業遂行の基本指針を取りまとめたもの。

これらに則った事業運営を行うことで、専門性と倫理観を兼ね備えた事業運営が可能となり、技術や法律、倫理面におけるセキュリティ事業者固有のリスクを低減しつつ、社会的な信頼の確保につながるとしている。

宣言にあたっては、基本指針に従ってリスク管理体制を整備。自社サイトなどで自己宣言してバナーを掲載する。

また同協会では、自己宣言を行った事業者をサイト上で公表。10月16日時点で19社が自己宣言を行っており、今後も賛同企業の募集を推進していくという。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
メール誤送信で講習受講予定者のメアド流出 - 大阪市消防局
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
3月前半の都内企業のテレワーク導入率は約6割 - 今後導入予定3%未満