Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県

岐阜県は、県立高校において、生徒の成績一覧表を誤ってプロジェクターで投影するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、10月1日、生徒57人分の成績一覧表がホワイトボードに誤って投影され、教室内の生徒が閲覧できる状態になったもの。氏名や出席番号、得点、課題ノートの評価点などが含まれる。

非常勤講師が、生徒に予習を指示し、その間にパソコンをプロジェクターへ接続してパソコン内の表計算ソフトに成績などを入力していたが、作業の様子がホワイトボードに投影されており、一部の生徒の指摘で判明した。

同校では、対象となる生徒と保護者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社