Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のセキュリティアップデートを米時間10月15日にリリースする予定だ。

重要度が3段階中2番目にあたる「重要(Important)」の脆弱性へ対処したアップデートを「Windows」および「macOS」向けに提供する予定であることを明らかにしたもの。ゼロデイ攻撃など悪用の報告はないという。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」から1週間遅れての定例外リリースとなる。

アップデートの適用優先度は、30日以内が目安とされる3段階中2番目にあたる「2」とレーティングされる見込み。

20191015_as_001.jpg
脆弱性の影響を受けるバージョン(表:Adobe)

(Security NEXT - 2019/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正