Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、IoT機器のセキュリティ対策を開発から運用までトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始した。

同サービスでは、IoTシステム全体のセキュリティ対策を実現する「IoTセキュリティマップ」を策定した上で、IoTデバイスのセキュリティ対策を開発から運用まで支援する。

具体的には、「アセスメント」「コンサルティング」「導入支援」「診断」の4分野についてサービスを提供。「アセスメントサービス」では、準拠すべき法令や規定、ガイドラインへの対応状況をヒアリングし、問題点の洗い出しと対策を支援する。

「コンサルティングサービス」では、品質保証に関するガイドラインに対して、セキュリティの観点からアドバイス。「導入支援サービス」では、外部攻撃などのリスクを踏まえたIoT向けセキュリティ対策製品の導入をサポートする。

「診断サービス」は、実際の機器を対象に実施。モバイル回線、保守用ポートなど各種インタフェースで実施。ハードウェアレベルの情報から機密情報が搾取可能であるかテストを実施する。

同社では、サービスの提供を通じて2021年度末までに3億円の売り上げを目指すという。

(Security NEXT - 2019/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
ニコニコ動画にサイバー攻撃 - サービスを一時停止
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社