Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測

「Webmin」のソースコードが改ざんされ、深刻な脆弱性が生じた問題で、同脆弱性を標的としたアクセスが、8月中旬から下旬にかけて国内で観測されている。

「Webmin」は、UNIX系OSの管理をウェブブラウザより行うことができるシステム管理ツール。任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-15107」が明らかとなったもので、実証コード(PoC)も公開されている。

同脆弱性は、ソースコードを複数回にわたり不正に書き換えられ、生じたもので、修正版として「同1.930」がリリースされている。

同脆弱性については、「CVE-2019-15231」としても公表された。開発チームの申請により一時採番されたもので、その後重複による拒絶となり、「CVE-2019-15107」として扱われている。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も