Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測

「Webmin」のソースコードが改ざんされ、深刻な脆弱性が生じた問題で、同脆弱性を標的としたアクセスが、8月中旬から下旬にかけて国内で観測されている。

「Webmin」は、UNIX系OSの管理をウェブブラウザより行うことができるシステム管理ツール。任意のコードを実行されるおそれがある「CVE-2019-15107」が明らかとなったもので、実証コード(PoC)も公開されている。

同脆弱性は、ソースコードを複数回にわたり不正に書き換えられ、生じたもので、修正版として「同1.930」がリリースされている。

同脆弱性については、「CVE-2019-15231」としても公表された。開発チームの申請により一時採番されたもので、その後重複による拒絶となり、「CVE-2019-15107」として扱われている。

(Security NEXT - 2019/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに