Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ

医薬品の開発支援事業を展開するシミックグループは、サーバがランサムウェアに感染し、システム障害が発生したことを明らかにした。

シミックホールディングスによれば、9月9日未明にサーバがランサムウェアへ感染していることを確認した。

同社は、通常通り稼働しつつ、復旧作業をすすめ、同月17日の時点でほぼ復旧を終えた。週内には復旧作業を完了する見込み。今回のマルウェア感染にともなう情報の外部流出やデータの毀損などは確認されていないという。

メールサーバへのマルウェア感染も確認されておらず、メール経由でランサムウェアが拡散する可能性についても否定している。

同社では、今回の問題を受けてマルウェアの検出強化や、常時監視を実施。セキュリティを強化し、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県