Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTネットワークのリスク可視化サービス

NRIセキュアテクノロジーズは、工場やビルのネットワークを可視化し、セキュリティリスクを洗い出す「OTネットワーク・アセスメントサービス」を提供開始した。

同サービスは、工場やビルで用いられる産業用制御システムを構成するOTネットワークに対し、資産や通信状況を調査し、セキュリティリスクを可視化するもの。イスラエルのSCADAfenceが開発するOTネットワークの可視化ソリューションなどを活用している。

対象とするOTネットワークの集約ポイントに、SCADAfenceプラットフォームをインストールしたサーバを一定期間接続してモニタリングを実施。得られたデータをもとに、機器の情報や稼働状況、通信状況、潜在的なセキュリティリスクなどを分析する。

(Security NEXT - 2019/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード