Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で

トヨタ紡織の欧州子会社において、金銭をだまし取られる被害が発生した。被害は最大で約40億円に及ぶ可能性がある。

悪意ある第三者の虚偽による入金指示に従い、8月14日に送金してしまったもので、被害額は最大40億円にのぼる可能性があるという。同社では入金後に指示が虚偽であったことを認識。資金の回収に向けて対策チームを組織するとともに、現地捜査当局へ被害を届けた。

捜査上の機密が含まれるとして、同社は詳しい経緯など詳細については明らかにしていないが、ビジネスメール詐欺(BEC)による被害の可能性も指摘されている。

BECに関しては、攻撃者が事前に窃取した情報をもとになりすましを行うなど、巧妙な手口が確認されている。やりとりに違和感を感じず、国内企業で実際に金銭を振り込んでしまったケースや、入金直前に金融機関の指摘で問題に気が付くケースなども報告されている

マルウェア感染を狙ったメールやフィッシングメールと異なり、添付ファイルやURLの記載がないことも多く、従来のセキュリティ対策製品で検知が難しい事情もある。

(Security NEXT - 2019/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査