Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増

2019年第2四半期は、ランサムウェアが活発な動きを見せた。8種類のあらたなファミリーが確認されており、亜種は前年同期から倍増している。

Kasperskyが2019年第2四半期における脅威状況を取りまとめたもの。同社が同四半期に検知したマルウェアやPUPは2億4075万件。またマルウェアへの感染を狙ったと見られる2億1784万3293件のURLを検知した。

オンラインバンキングを標的とするマルウェアは、22万8206件のユニークなユーザーの端末上で検知。前年同期から6%増加している。

ランサムウェアは、重複を除く23万2292件のユーザーより検出。前年同期の15万8921件から46%増となった。

検出されたランサムウェアで最も多かったのは「WannaCrypt」で全体の23.4%を占めており、「GandCrab(13.8%)」が続く。

(Security NEXT - 2019/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も