Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増

2019年第2四半期は、ランサムウェアが活発な動きを見せた。8種類のあらたなファミリーが確認されており、亜種は前年同期から倍増している。

Kasperskyが2019年第2四半期における脅威状況を取りまとめたもの。同社が同四半期に検知したマルウェアやPUPは2億4075万件。またマルウェアへの感染を狙ったと見られる2億1784万3293件のURLを検知した。

オンラインバンキングを標的とするマルウェアは、22万8206件のユニークなユーザーの端末上で検知。前年同期から6%増加している。

ランサムウェアは、重複を除く23万2292件のユーザーより検出。前年同期の15万8921件から46%増となった。

検出されたランサムウェアで最も多かったのは「WannaCrypt」で全体の23.4%を占めており、「GandCrab(13.8%)」が続く。

(Security NEXT - 2019/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府