Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究

ラックと九州工業大学は、サイバー攻撃を防御する機械学習を活用したあらたな技術の確立を目指し、9月1日より共同研究を開始する。

サイバー攻撃の兆候を検知して被害を未然に防ぐことを目指し、データ分析に関する共同研究を進めるもの。

ラックでは、同社が保有するセキュリティサービスに関する知見とデータを提供。機械学習にあたっては、九州工業大学の中村研究室が有する知見を活用し、あらたなデータの処理手法とアルゴリズムの開発を目指す。

開発した技術は、サイバーセキュリティ分野にとどまらず、他分野へ応用していきたい考え。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性