Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究

ラックと九州工業大学は、サイバー攻撃を防御する機械学習を活用したあらたな技術の確立を目指し、9月1日より共同研究を開始する。

サイバー攻撃の兆候を検知して被害を未然に防ぐことを目指し、データ分析に関する共同研究を進めるもの。

ラックでは、同社が保有するセキュリティサービスに関する知見とデータを提供。機械学習にあたっては、九州工業大学の中村研究室が有する知見を活用し、あらたなデータの処理手法とアルゴリズムの開発を目指す。

開発した技術は、サイバーセキュリティ分野にとどまらず、他分野へ応用していきたい考え。

(Security NEXT - 2019/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加