Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし

プロバスケットボールクラブチームの千葉ジェッツふなばしは、B.LEAGUEのシステムに不具合があり、メールマガジンが本来とは異なる送信先へ配信され、同クラブ会員の氏名やIDなどが流出したことを明らかにした。

同クラブによれば、8月26日16時ごろに同クラブ会員向けに送信しようとしたメールにおいて誤送信が発生したもの。

同クラブ会員2770人に送信するところ、関係ないB.LEAGUE会員に対して送信された。本来の送信先であった同クラブ会員の氏名やIDが表示された状態だったという。

同クラブでは、所属するB.LEAGUEのファンクラブ管理システムよりメールマガジンを配信しており、同システムで管理されている他クラブ会員の情報などは所有せず、本来利用もできないが、7月1日に仕様が変更された同システムを利用したところ、誤送信が発生した。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
メール誤送信でセミナー受講者のメアド流出 - 日本放射線技術学会
注文確認メール誤送信で購入者のメアド流出 - ゲーム日本酒コラボ企画
提出パブコメが外部流出、提出先MLに業務委託先 - 総務省
物件案内メールで顧客のメアド流出 - 飯田グループ会社
元会員向けのメールで誤送信 - 神奈中スポーツデザイン
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
自転車観光事業でメール誤送信、職員が機能を勘違い - 佐賀県
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都