Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし

プロバスケットボールクラブチームの千葉ジェッツふなばしは、B.LEAGUEのシステムに不具合があり、メールマガジンが本来とは異なる送信先へ配信され、同クラブ会員の氏名やIDなどが流出したことを明らかにした。

同クラブによれば、8月26日16時ごろに同クラブ会員向けに送信しようとしたメールにおいて誤送信が発生したもの。

同クラブ会員2770人に送信するところ、関係ないB.LEAGUE会員に対して送信された。本来の送信先であった同クラブ会員の氏名やIDが表示された状態だったという。

同クラブでは、所属するB.LEAGUEのファンクラブ管理システムよりメールマガジンを配信しており、同システムで管理されている他クラブ会員の情報などは所有せず、本来利用もできないが、7月1日に仕様が変更された同システムを利用したところ、誤送信が発生した。

(Security NEXT - 2019/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者