Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラックライトで発色する「見えないスタンプ」 - 迷惑行為抑止でテスト販売

シヤチハタは、印影が通常の光では無色透明で、ブラックライトによって発色する「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売する。

特殊インキであるUV発色インキを採用したキャップレスのスタンプ。SNSで話題となり、痴漢といった迷惑行為の抑止力や実用性の検証を兼ねテスト販売するという。

印影は手のマークとなっており無色透明だが、ブラックライトを当てることで浮かび上がる。スタンプにはリールコードと携帯用ブラックライトが付属する。

価格は税抜き2500円。同社の公式オンラインストアの「シヤチハタアンテナショップ」にて8月27日13時より500個限定でテスト販売を実施。寄せられた声をもとに商品を改良し、発売に向けてさらに開発を進めるという。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ローコード開発ツール」のセキュリティガイドライン策定支援サービス
「Windows」と「AD」のセキュリティ状況を分析するサービス
外部委託先などを対象としたセキュリティデューデリサービス
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
警察庁が開発した「Lockbit」復旧ツール、複数被害で回復に成功
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス