Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都

東京都は、不正アクセスを受けて停止していた宅地建物取引業者の情報提供システムを約3カ月半ぶりに再開した。データの改ざんや流出は否定している。

宅建業者の免許情報を都民に提供する「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」が不正アクセスを受け、都が5月9日から停止していたもの。

都では不正アクセス対策として、システム監視の強化などセキュリティ対策を実施。8月23日14時よりシステムの利用を再開した。調査の結果、提供しているデータの改ざん、流出なども確認されなかったという。

同システムでは、宅地建物取引業者の免許証番号や有効期限、事務所の所在地、代表者の氏名、資本金、監督処分情報などを提供するもので、いずれも公開情報を扱っている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー