Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都

東京都は、不正アクセスを受けて停止していた宅地建物取引業者の情報提供システムを約3カ月半ぶりに再開した。データの改ざんや流出は否定している。

宅建業者の免許情報を都民に提供する「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」が不正アクセスを受け、都が5月9日から停止していたもの。

都では不正アクセス対策として、システム監視の強化などセキュリティ対策を実施。8月23日14時よりシステムの利用を再開した。調査の結果、提供しているデータの改ざん、流出なども確認されなかったという。

同システムでは、宅地建物取引業者の免許証番号や有効期限、事務所の所在地、代表者の氏名、資本金、監督処分情報などを提供するもので、いずれも公開情報を扱っている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
KADOKAWA、復旧状況などを公表 - 経理機能は7月初旬
北海道産地直送センターに不正アクセス - クレカ不正利用の可能性
千葉大が迷惑メールの踏み台に - ホスティング事業者の通知で発覚
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連
通販サイトで個人情報流出の可能性、警察の連絡で発覚 - 長崎県物産振興協会