Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都

東京都は、不正アクセスを受けて停止していた宅地建物取引業者の情報提供システムを約3カ月半ぶりに再開した。データの改ざんや流出は否定している。

宅建業者の免許情報を都民に提供する「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」が不正アクセスを受け、都が5月9日から停止していたもの。

都では不正アクセス対策として、システム監視の強化などセキュリティ対策を実施。8月23日14時よりシステムの利用を再開した。調査の結果、提供しているデータの改ざん、流出なども確認されなかったという。

同システムでは、宅地建物取引業者の免許証番号や有効期限、事務所の所在地、代表者の氏名、資本金、監督処分情報などを提供するもので、いずれも公開情報を扱っている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
不正アクセスでサイト停止、20日ぶりに再開 - 平取町
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス