Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都

東京都は、不正アクセスを受けて停止していた宅地建物取引業者の情報提供システムを約3カ月半ぶりに再開した。データの改ざんや流出は否定している。

宅建業者の免許情報を都民に提供する「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」が不正アクセスを受け、都が5月9日から停止していたもの。

都では不正アクセス対策として、システム監視の強化などセキュリティ対策を実施。8月23日14時よりシステムの利用を再開した。調査の結果、提供しているデータの改ざん、流出なども確認されなかったという。

同システムでは、宅地建物取引業者の免許証番号や有効期限、事務所の所在地、代表者の氏名、資本金、監督処分情報などを提供するもので、いずれも公開情報を扱っている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS