Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も

システム管理ツールの「Webmin」に、リモートよりコマンドを実行されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。すでに悪用コードが公開済みで、脆弱性を標的とするアクセスの増加も観測されている。

リモートよりroot権限でコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2019-15107」が含まれていることが明らかとなったもの。同脆弱性について開発チームの申請により「CVE-2019-15231」も一時採番されたが、その後拒絶となり「CVE-2019-15107」で統一されている。

「CVE-2019-15107」に関しては、「同1.890」はデフォルトの状態で悪用されるおそれがあり、以降のバージョンに関しては、パスワード有効期限のオプションを設定している場合に影響を受けるという。

開発チームでは、同脆弱性に対するゼロデイ攻撃が可能となるエクスプロイトがリリースされたことを8月17日に把握。急遽脆弱性へ対処した「同1.930」を同日にリリースした。

最新版の利用を強く推奨するとともに、「同1.900」以降については設定の変更など緩和策の実行を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境などでログ収集に活用される「Fluent Bit」に脆弱性
悪用脆弱性リストに医療データ連携ソフト関連など2件が登録 - 今月5度目の追加
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局