Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、顧客情報が流出 - みずほ銀

みずほ銀行は、シンガポール子会社のサイト管理システムが不正アクセスを受け、一部の顧客情報が流出したことを明らかにした。

同行によれば、機関投資家など法人顧客に対し、ヘッジファンドの調査や情報提供などを行うシンガポールの子会社Eurekahedgeが不正アクセスを受けたもの。

8月8日にサイト管理システムの管理者画面が不正アクセスを受けたことが判明。影響の範囲や原因について調査を進めている。

サイト管理システムが不正アクセスを受け、顧客情報が流出。サイト上には、氏名や電話番号、メールアドレス、国名、商品に関する関心事項などが保存されていた。

(Security NEXT - 2019/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市