Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を

また攻撃者によって悪用された場合、痕跡が残らない可能性があるほか、ログについても攻撃されたことを気が付かないよう削除されるおそれもある。

また「iRules」は、同製品の利用者が定義するため、F5 Networksによるソフトウェアのアップデートでは対応できず、利用者が構成を確認し、必要に応じて修正を行う必要がある。

「BIG-IP」は、大企業をはじめ、政府機関や金融機関などが利用。F-Secureの調査では、ワールドワイドで少なくとも30万台が稼働していると指摘。すべての利用者が影響を受けるわけではないが、同製品の利用者は「iRules」のコーディングに問題がないか、積極的に調査を行う必要があると警鐘を鳴らしている。

報告を受けたF5でも5月にアドバイザリをリリースし、利用者へ注意喚起を展開。問題を発見したJerkeby氏は、「BIG-IP」の構成が安全であるかテストを行う無料のオープンソースソフトについて、開発を支援している。

(Security NEXT - 2019/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ