Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を

F5 Networks製のネットワーク機器「BIG-IPシリーズ」において、利用者が構成する「iRules」が深刻な脆弱性を含む状態で運用されているケースがあるとし、注意喚起が行われている。利用者による構成に起因した問題のため、利用者自身で影響を確認し、対処する必要がある。

同製品でアプリケーショントラフィックに対し、ダイナミックな処理を可能とするスクリプト言語「iRules」において、脆弱な構成で運用されているケースがあることが判明したもの。F-Secureのセキュリティ研究者であるChristoffer Jerkeby氏が発見した。

ネットワークトラフィックを管理する「BIG-IP Local Traffic Manager」で利用するスクリプト言語「Tcl 8.4」ベースの「iRules」において、コーディング方法によってはコマンドインジェクションが可能になるおそれがあるという。

脆弱な環境では容易に悪用が可能。組織内のネットワークへ侵入し、同製品で管理するサービスのトラフィックを盗聴、操作され、認証情報をはじめ、機密情報を窃取されるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も