Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院

送信した際、6件のメールアドレスに対して送信できなかったことから、翌25日に同医師が電話で確認したところ問題が発覚。送信先のメールアドレスをコピーした際に操作ミスがあり、メールアドレスが誤っていたことが判明した。

同医師は病院へ報告するとともに、誤送信先となったメールアドレス2件へ誤送信したメールの削除を依頼する謝罪のメールを複数回送信。8月5日の時点で返信は確認されていない。

情報のやりとりにあたっては、患者情報を集計する際、照合作業が煩雑になるとして、調査票へ氏名や生年月日をはじめ、個人を特定できる情報を記載するよう協力病院の医師へ依頼。また本来必要ではない患者情報など含めて一斉送信を行うなど、研究計画書が遵守されていなかった。

同院では、関連する同院患者に事情を説明し、謝罪する書面を発送した。関係病院などにも事態を説明し、患者への対応について協力を依頼している。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
県内医療機関に対するメールで誤送信 - 香川県
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
個別送信の設定し忘れでメールアドレスが流出 - タカラレーベン
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場