Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院

横浜市立大学付属病院の医師が、患者情報含むファイルを、宛先不明のメールアドレスに誤ってメールで送信していたことがわかった。

同院によれば、泌尿器科において、膀胱がんの臨床研究に関係する医師22人で情報共有していた患者の症例を含むファイルを、医師が誤って宛先がわからないメールアドレスに対し送信したもの。

誤送信したのは、同院を含む20の病院が保有する泌尿器科患者の症例3411件。患者の氏名や生年月日、性別、初回手術実施日、腫瘍の状況、手術後の治療、再発の有無などが含まれる。

7月24日21時ごろ、個人のフリーメールアドレスから医師22人に対して患者情報含むファイルを送信したところ、一部でまったく関係ないメールアドレスへ送信していた。

送信対象である22人のうち、正しいメールアドレスは9件のみで、誤ったメールアドレスのうち2件は送信されたほか、11件については宛先不明との返信メールが届いたという。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
新型コロナの疫学調査資料を別事業所へ誤送信 - 宮崎市
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所