Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も

定義ファイルを用いず、機械学習により生成されたマルウェア検出エンジンを利用するBlackBerry Cylance製セキュリティ対策ソフト「Cylance PROTECT」において、容易に検知を回避できる脆弱性が明らかとなった。セキュリティ機関はパッチの適用と従来型対策の併用を呼びかけている。

豪Skylight Cyber​​が、同製品の機械学習アルゴリズムにおける特性を解析。悪意のあるファイルを細工することで、同製品による検出を回避できることを確認した。

具体的には、本来検出対象となるマルウェアに対し、特定の文字列を追加するだけで良いという。細工されたファイルは、過検知を避けるため「ホワイトリスト」として機能するモデルによって、良性とスコアリングされるため、同製品による検出を回避することが可能となっていた。

同社がオンラインより入手した384件のマルウェアサンプルを用いてテストしたところ、今回の手法で約83.5%のファイルが検知を回避できたとしている。

(Security NEXT - 2019/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ