Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cylance」に検知回避の脆弱性 - 機械学習の弱点との指摘も

定義ファイルを用いず、機械学習により生成されたマルウェア検出エンジンを利用するBlackBerry Cylance製セキュリティ対策ソフト「Cylance PROTECT」において、容易に検知を回避できる脆弱性が明らかとなった。セキュリティ機関はパッチの適用と従来型対策の併用を呼びかけている。

豪Skylight Cyber​​が、同製品の機械学習アルゴリズムにおける特性を解析。悪意のあるファイルを細工することで、同製品による検出を回避できることを確認した。

具体的には、本来検出対象となるマルウェアに対し、特定の文字列を追加するだけで良いという。細工されたファイルは、過検知を避けるため「ホワイトリスト」として機能するモデルによって、良性とスコアリングされるため、同製品による検出を回避することが可能となっていた。

同社がオンラインより入手した384件のマルウェアサンプルを用いてテストしたところ、今回の手法で約83.5%のファイルが検知を回避できたとしている。

(Security NEXT - 2019/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で