Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも

BBソフトサービスは、6月に同社で検知したフィッシングサイトが約6万件にのぼり、前月の1.6倍と急増したことを明らかにした。

同社によると、6月に同社への通報や公的機関より収集したフィッシングサイトのURLは約1200件。4月の300件と比較すると約4倍の水準だった。

同社製品でフィッシングサイトを検知するケースも増えており、前月の3万6255件から2万3657件増となる5万9912件へと拡大している。

6月にもっとも多く検知されたのが、大手求人サイトをかたったフィッシングで全体の37%を占めた。次いで大手スマートフォンメーカーのIDとパスワードを詐取するケースが16%と目立つ。

さらに大手キャッシュレス決済サービスのキャンペーンをかたったケースで10%で続いた。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会