Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも

BBソフトサービスは、6月に同社で検知したフィッシングサイトが約6万件にのぼり、前月の1.6倍と急増したことを明らかにした。

同社によると、6月に同社への通報や公的機関より収集したフィッシングサイトのURLは約1200件。4月の300件と比較すると約4倍の水準だった。

同社製品でフィッシングサイトを検知するケースも増えており、前月の3万6255件から2万3657件増となる5万9912件へと拡大している。

6月にもっとも多く検知されたのが、大手求人サイトをかたったフィッシングで全体の37%を占めた。次いで大手スマートフォンメーカーのIDとパスワードを詐取するケースが16%と目立つ。

さらに大手キャッシュレス決済サービスのキャンペーンをかたったケースで10%で続いた。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答