Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも

BBソフトサービスは、6月に同社で検知したフィッシングサイトが約6万件にのぼり、前月の1.6倍と急増したことを明らかにした。

同社によると、6月に同社への通報や公的機関より収集したフィッシングサイトのURLは約1200件。4月の300件と比較すると約4倍の水準だった。

同社製品でフィッシングサイトを検知するケースも増えており、前月の3万6255件から2万3657件増となる5万9912件へと拡大している。

6月にもっとも多く検知されたのが、大手求人サイトをかたったフィッシングで全体の37%を占めた。次いで大手スマートフォンメーカーのIDとパスワードを詐取するケースが16%と目立つ。

さらに大手キャッシュレス決済サービスのキャンペーンをかたったケースで10%で続いた。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開