Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機製「インバータ」制御ソフトに2件の脆弱性

三菱電機が提供する制御機器「FR Configurator2」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同製品は、可変周波数電源装置である「インバータ」の設定やメンテナンスなどをパソコンより行えるソフトウェア。「同Version 1.16S」および以前のバージョンに細工されたプロジェクトファイルを開くと影響を受ける2件の脆弱性が含まれることが判明した。

具体的には、任意のファイルが外部に送信されるおそれがあるXML外部実体参照の脆弱性「CVE-2019-10976」や、リソースが枯渇してサービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2019-10972」が含まれるという。

これら脆弱性は、Applied Riskより報告を受けたもので、三菱電機では脆弱性を解消した「同1.17T」をリリース。利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

準備中だった「FileZen」のセキュリティアップデートがリリース
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇