Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院

2017年9月1日、遺伝子分析装置のソフトをバージョンアップするために立ち入った同社の従業員が、バックアップファイルを作成。複製したデータをUSBメモリに無断でコピーし、持ち出していた。

汎用ソフトでは内容を読み取ることはできないとしている。また同社は、同院に対して第三者に対する漏洩は確認されていないと説明したという。

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町