Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院

九州大学病院は、医療検査機器メーカーの従業員が、遺伝子検査データを含む患者情報を無断で外部に持ち出していたことを明らかにした。

同院によれば、同院に遺伝子分析装置を納入しているアークレイの従業員が、患者情報を含むバックアップデータを院外へ無断で持ち出したもの。

3月に同社より報告があったが、持ち出された経緯や、第三者に対する漏洩の有無など、説明が不十分だったことから追加調査を求め、明らかになったという。

持ち出されたのは、同院で2014年10月から2017年8月までに検査を行った患者404人分の個人情報。氏名や生年月日、年齢、性別のほか、遺伝子検査データ、測定日、測定者名、診療科、病棟名、担当医名などが含まれる。

(Security NEXT - 2019/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ